お知らせ

令和元年秋の全国交通安全運動 2019年9月21日(土)〜30日(月)

令和元年秋の全国交通安全運動

1 目 的
本運動は、広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的とし、下記の通り実施されます。
2 実施期間
令和元年9月21日(土)から30日(月)までの10日間
3 統一行動日
9月26日(木) 歩行者保護の日・飲酒運転根絶の日
9月30日(月) 交通事故死ゼロを目指す日・自転車安全利用の日
4 スローガン
人も車も自転車も 安心・安全 埼玉県
5 運動重点
(1) 全国重点
①子供と高齢者の安全な通行の確保
②高齢運転者の交通事故防止
③夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
④全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
⑤飲酒運転の根絶
(2) 埼玉県重点
交差点での自転車の交通事故防止
6 主な推進事項
(1) 子供と高齢者の安全な通行の確保
県民総ぐるみで交通安全意識の高揚を図り、子供及び高齢者等に対する保護意識の醸成を図る。
・保護者から子供への安全教育の推進
・通学路等における子供の安全確保
・高齢者事故の特徴を踏まえた安全教育の推進
(2) 高齢運転者の交通事故防止
高齢運転者に向けた安全教育や、運転免許証の自主返納制度等の周知徹底を図る。
・身体機能や認知機能の変化が運転に及ぼす影響等を踏まえた安全教育の推進
・セーフティ・サポートカーS(サポカーS)の普及促進
・運転免許証の自主返納制度等の周知徹底
(3) 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
反射材等の着用を促進するとともに、早めのライト点灯、ハイビームの使用を推進し、夕暮れ時と夜間の交通事故を防止する。
・反射材等の着用促進
・自動車及び自転車の早めのライト点灯の推進
・夜間の対向車や先行車がいない状況におけるハイビームの使用の推進
・子供(高校生以下の者)と高齢者の乗車用ヘルメット着用の徹底
(4) 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
後部座席を含めた全ての座席においてシートベルトとチャイルドシートの正しい着用を周知徹底し、交通事故発生時の被害の防止、軽減を図る。
・全ての座席におけるシートベルトとチャイルドシートの着用義務及び、正しい
使用方法の周知徹底
(5) 飲酒運転の根絶
飲酒運転は「しない、させない、ゆるさない」を合言葉に、運転者をはじめ広く県民に対し、飲酒運転の悪質性や危険性、飲酒運転による交通事故の悲惨さを訴え、飲酒運転を根絶する。
・飲酒運転の悪質性、危険性を踏まえた安全教育の推進
・飲食店等における運転者への酒類提供禁止の徹底及びハンドルキーパー運動の促進
・自動車運送事業者等に対するアルコール検知器の使用等による飲酒運転の根絶に向けた取組の推進
≪埼玉県重点:交差点での自転車の交通事故防止≫
県では、近年自転車乗用中の交通死亡事故が増加しており、特に交差点で多発していることから、交差点の安全な通行を訴えるとともに、自転車条例に基づいて、自転車損害保険等の加入徹底、子供や高齢者に対する乗車用ヘルメット着用の一層の促進を図る。
・交差点の安全な通行に係る諸対策の推進(信号、一時停止の遵守と安全確認の徹底)
・車道左側通行の原則周知と歩道を通行する場合の徐行徹底
・全ての自転車利用者に対する自転車損害保険等の加入徹底
・子供及び高齢者の乗車用ヘルメット着用の促進
6 実施要領
本運動は、交通事故を防止するため、全ての県民が交通ルールを遵守し、正しい交通マナーの実践を習慣付けるなど交通安全意識の向上を目指しています。
家庭・学校・職場・地域ぐるみで交通事故ゼロを目指しましょう。
<自動車の運転者>
・子供、高齢者の近くを走行するときは、スピードを落とす、ゆとりを持った距離をとるなど思いやりのある運転を心掛けましょう。
・横断歩道等を通過する際は、直前で停止可能な速度で進行し、歩行者等がいるときは横断歩道の手前で一時停止し、その通行を妨げないようにしましょう。
・通学時間帯にスクールゾーンを通行することはやめ、学校等の周辺では、十分に速度を落として運転しましょう。
・夕暮れ時は前照灯を早めに点灯させ、夜間の対向車・先行車がいない状況では、走行用前照灯(ハイビーム)を積極的に使用しましょう。
・後部座席の同乗者にも必ずシートベルトを着用させましょう。
・幼児、児童には、体格に合ったチャイルドシート等を正しく使用しましょう。
・スマートフォン、携帯電話の使用は、安全な場所に駐車してから行いましょう。
・飲酒運転は悪質な犯罪です、絶対にやめましょう。
・車間距離をつめるなど、いわゆる「あおり運転は」大変危険です。相手に対して思いやり、ゆずり合いの気持ちを持って運転しましょう。
<自転車の運転者>
・自転車は車両との認識を持ち、原則車道の左端を通行しましょう。
・歩道を通行する場合は徐行し、歩行者優先を徹底しましょう。
・「一時停止」のある交差点や見通しの悪い交差点では、一時停止や徐行の上、確実に安全確認をしましょう。
・二人乗りや並進、傘差し運転、イヤホン、スマートフォン等の使用は絶対にやめましょう。
・自転車を利用する場合は、必ず自転車損害保険等に加入しましょう。
・安全のためにも、幼児、児童には必ず乗車用ヘルメットを着用させ、大人、特に高齢者も積極的に着用しましょう。
・夕暮れ時から早めにライトを点灯させ、夜間の無灯火運転は絶対にやめましょう。
<高齢者>
・交通安全教室に積極的に参加して、交通ルールを再確認するとともに、加齢に伴う身体機能や認知機能の変化を認識しましょう。
・道路を横断するときや、交差点を通行するときは「相手が止まるだろう」などと優先意識を持たず、自分の目でしっかり安全を確認しましょう。
・道路を横断するときは、特に夜間は左から来る車に注意し、車両の直前・直後の横断はやめましょう。
・夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用しましょう。
・70歳以上の運転者は、高齢者マークを使用しましょう。
・被害軽減(自動)ブレーキ及びペダル踏み間違い時加速抑制装置の搭載された「サポカーS」の利用を検討しましょう。
・運転に不安を感じたときは、運転免許証の自主返納を検討しましょう。
<家庭>
・「もしかして・とまる・みる・まつ・たしかめる」を合言葉に、子供に交通ルールやマナーを守る態度を身に付けさせましょう。
・子供が普段使用する道路等の危険箇所を確認し、安全な通行環境を確保しましょう。
・子供が自転車を運転する時は、乗車用ヘルメットの着用を徹底させ、高齢者が自転車を運転する時は、乗車用ヘルメットの着用を勧めましょう。
・夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服や反射材を着用するよう、声を掛け合いましょう。
・加齢に伴う身体機能や認知機能の変化等を踏まえて、被害軽減(自動)ブレーキ及びペダル踏み間違い時加速抑制装置の搭載された「サポカーS」の利用や運転免許証の自主返納等について話し合う機会を設けましょう。
・自転車や自動車の前照灯は、夕暮れ時から早めに点灯させるよう、声を掛け合いましょう。
・「歩きスマホ」は大変危険です。常に周りに注意を払うよう声を掛け合いましょう。
・飲酒運転による交通事故の悲惨さについて話し合いましょう。
<学校>
・通学路等の危険箇所を再確認し、児童生徒の安全な通行環境を確保しましょう。
・自転車で歩道を通行する場合は、車道寄りを徐行し、歩行者がいる場合は一時停止するなど、歩行者優先を指導しましょう。
・自転車の前照灯は、夕暮れ時から早めに点灯させ、夜間は必ず点灯させるよう指導しましょう。
・「歩きスマホ」は大変危険です。歩きスマホはやめ、常に周りに注意を払うよう指導しましょう。
・自転車の二人乗りや並進、傘差し運転、イヤホン、スマートフォン等の使用は絶対しないよう指導しましょう。

<職場>
・朝礼や行事の機会を活用し、子供と高齢者の行動特性等を理解させ、子供、高齢者の近くを走行するときは、スピードを落とす、ゆとりを持った距離をとるなど思いやりのある運転を指導しましょう。
・飲み会等があるときは、事前に飲酒運転は絶対しないように改めて指導するとともに、帰宅時にはタクシーや運転代行事業者等を利用するよう徹底させましょう。
・二日酔い等による飲酒運転を防止するため、アルコール検知器を活用し、飲酒運転の防止を徹底しましょう。
・運転中のスマートフォンの使用は絶対にやめるよう指導しましょう。

<地域>
・町内会などの各種会合の機会を活用し、地域内の危険箇所の周知や高齢歩行者の死亡事故の特徴、加齢に伴う身体機能や認知機能の変化等を踏まえた交通安全教室を行うなど、地域の交通安全意識の向上を図りましょう。
・関係機関、幼稚園、保育園等が密接に連携し、地域ぐるみでの子供を見守る活動等を推進しましょう。
・夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材を身に付け、明るく目立つ色の衣服を着用するよう声を掛け合いましょう。
・酒類販売店や飲食店等と協力して、地域から飲酒運転を根絶しましょう。

<事業者>
・タクシー、高速乗合バス及び貸切バス等の乗客に対して、シートベルト着用の重要性をよく周知し、全ての座席でのシートベルト着用を徹底しましょう。
・横断歩道等を通過する際は、直前で停止可能な速度で進行し、歩行者等がいるときは横断歩道の手前で一時停止し、その通行を妨げないよう徹底しましょう。

<飲食店等>
・車両での来店の有無を確認し、運転者に酒類を提供しないなどハンドルキーパー運動を推進しましょう。
・運転者が飲酒していることがわかった場合は、運転代行事業者等の利用させるよう徹底しましょう。

ページのトップへ戻る